京つう

  ショップ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


< 2017年02月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2011年04月15日

母の日のお花



母の日に贈るためのお花を現在、色々と作っています。

器にアレンジがいいのか。
写真のような花束がいいのか。
それとも、気軽に付けられるコサージュがいいのか。

新しいデザインを考えることは楽しいので、色々と
試しながら作っていると楽しくて、あっという間に時間が
過ぎてしまいますface08

母親といっても、どの年代の母親をターゲットにするかによっても
お花の種類などが変わってくるのだろうけれど・・・・・。

お写真のようなカサブランカや胡蝶蘭が入っているものは
私の母親世代に人気があるような気がします。

やはり、カサブランカや胡蝶蘭が入るとめっちゃゴージャスに
見えますねぇ。

また白とグリーンの組み合わせが爽やかも
あって贈り物にもぴったりです♪





 ヴェールパレットストアのHPはこちら
 お問い合わせ フリーダイヤル
 0120-94-8385

 メール info@vertpalette.com


twitterでつぶやいています!
よかったらフォローしてくださいICON144
フォローする



  


Posted by 京都 花彩人(はなやかじん) at 00:03Comments(0)アーティフィシャルフラワー

2010年07月25日

アーティフィシャルフラワー

一般的に「造花」と呼ばれているお花は、
「アーティフィシャルフラワー」と呼ぶ。

「シルクフラワー」というと、少し馴染みがあるかしら。
「シルクフラワー」といわゆる造語ですicon23

昔、シルクで作られていたこともあり、シルクフラワーと
呼ばれていたようですが、シルクが高価であることなどから、
ポリエステルで作られるようになったのですが、業界の人が
そのまま「シルクフラワー」という言葉を使っていたので、
今もそのまま呼ばれていますicon23

「シルクフラワー」というと、「シルクでつくられているの?」
とやはりよく聞かれます。

シルクではなく、ポリエステルです。と答えると、
シルクを使っていないのに、「シルクフラワー」と呼ぶのは
なんだかおかしいよねICON48

と必ず返ってきます。

確かに「シルク」をもう使って作っていないので、
シルクフラワーと呼ぶのはピンときません。

なので、やはり、「アーティフィシャルフラワー」と呼ぶのが
良いのかもしれませんねICON59

まだまだ、認知度が低い「アーティフィシャルフラワー」。
断然、造花より生花のほうが好き♪
という人が多いかもしれませんが、
この「アーティフィシャルフラワー」の美しさは、
きっと、じっくり手にとってみられると驚かれると思いますface08

生花に近いものがとても多い。
ちょっとした工夫で、生花を飾っているようにも見える。

生花と変わらないくらい美しさを楽しめるのであれば、
お手入れ不要、いつまででも楽しめるアーティフィシャルフラワーを
楽しむのも悪くないかもしれませんICON59

そんなアーティフィシャルフラワー、色々とお伝えしたいことが
ありますが、今日はこちらをicon23



こちらの①~④までの写真の中で、ひとつだけ、生花の
写真があります。

何番が生花のお写真でしょうICON49



正解は・・・・・・・・



ジャァーーーーーーーーーーンICON97ICON97ICON108


③番が、生花のお写真なんです!



わかりました?
わからないでしょ(笑)

ほんとに綺麗ですから、アーティフィシャルフラワーってICON65ICON59











 ヴェールパレットストアのHPはこちら
 お問い合わせ フリーダイヤル
 0120-94-8385

 メール info@vertpalette.com




にほんブログ村 花ブログ シルクフラワーへ
   ↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています。
よかったらポチッ□_ρ゛(^‥^=)~ とお願いします。


  


Posted by 京都 花彩人(はなやかじん) at 23:08Comments(0)アーティフィシャルフラワー

2010年04月28日

シルクフラワー(造花)の選び方

生花を買う時、少しでも長持ちするように
お花を吟味してから買うことが多いですよね。

シルクフラワー(造花)も吟味して買うといいですよ。

と言っても、なかなか選ぶほどのシルクフラワーのお花が
たんさん置いてあるお店はまだまだ少ないですが、
それでも、やはり、シルクフラワーが好きな人や、贈り物で
シルクフラワーでアレンジメントを作ってもらったりする時は、
お花を選ぶことになります。

そんな時、シルクフラワーは、どこをポイントに選べば
いいのでしょう。

 ・色
 ・質感
 ・葉

この辺を見ながら、選ぶといいと思います。

まず、色というのは、やはり、生花にないようなお色の
ものは選ばないほうが無難だと思います。

贈り物などにする場合、生花のように見せたいと
思うことが多いと思います。

その場合は、やはりよくお花屋さんで見かけるような色や
形のものを選ぶようにするといいですよ。

そして、質感というのは、なんだか見るからに
ポリエステルでできてるなぁ。と感じる質感のものは
選ばないほうがいいです。

そして、見るからにペラペラしているもの。
れも避けたほうがいいですね。

しっかりとした厚みがあって、しっかりお花の形が
作られているもの。

そんなものを選んでください。


最後に「葉」。
これは、結構重要ポイントです。

お花ばかりみて、この「葉」を重視しないことが
多いのですが、お花は、「葉」があるこそ、引き立っている。
という部分が大きくあります。

葉が、生花のようにとてもリアルに色も生花に
あるような緑色をしているものを選びましょう。

葉の作りが、リアル感があるものとないものでは、
お花の部分がとても素敵に作られていても、それだけで、
雰囲気が全く違ってきます。

ご自分でアレンジメント作られる時は、
特に葉は気をつけてください。

お花の部分をどんなに素敵に作っていても、
間を埋めるために使った葉が、あまりにも
ちゃちぃものだった時、その作品は、それだけ
台無しです。

シルクフラワーで作る時、どうしても、全体の雰囲気が
いまいち、ぱっとしない。

という人がおられたら、一度、「葉」の部分を見直して
みるのもいいかもしれませんよ。





 ヴェールパレットストアのHPはこちら
 お問い合わせ フリーダイヤル
 0120-94-8385

 メール info@vertpalette.com




にほんブログ村 花ブログ シルクフラワーへ
   ↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています。
よかったらポチッ□_ρ゛(^‥^=)~ とお願いします。



  


Posted by 京都 花彩人(はなやかじん) at 23:39Comments(0)アーティフィシャルフラワー

2010年04月27日

ネットシッョプのオーナーのお仕事 託児所付き

5月11日に、ネットシッョプのオーナーとして、
お仕事のことなどをお話させて頂きます。

私は、シルクフラワー(造花)を商材として、オリジナル作品を作り
販売しています。

同じように、シルクフラワーを商材として、お仕事ができるように、
シルクフラワーのことも少しお話します。

実際に簡単ではありますが、シルクフラワーで
コサージュも作ってもらいます。

ネットショップってほんとに儲かるの?とか
お家でお仕事をするってどんな感じなんだろう?とか
シルクフラワー(造花)って簡単に扱えるものなの?とか

色々な疑問などにお答えしながら、ネットシッョプのオーナーと
いうお仕事とはどういうものなのか、知ってもらえればと思います。

また、これをきっかけにネットシッョプのオーナーになる
一歩が踏み出せるかもしれません。

詳細はこちら

『ネットショップオーナーになろう!~シルクフラワーアレンジ編~』

託児所(有料)もあります。





 ヴェールパレットストアのHPはこちら
 お問い合わせ フリーダイヤル
 0120-94-8385

 メール info@vertpalette.com




にほんブログ村 花ブログ シルクフラワーへ
   ↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています。
よかったらポチッ□_ρ゛(^‥^=)~ とお願いします。



  


Posted by 京都 花彩人(はなやかじん) at 18:45Comments(0)アーティフィシャルフラワー

2010年04月12日

シルクフラワー(造花)の使い方。

今日、雨の中、なんとなく歩いていたら、
コンビニの横の植え込みのところに、なんたかとたも目立つ花が
植えてあることに気がついた。

パッとみたら、なんであんなところに、花が咲いているの?
と思うほど、生花に見える。

が、良く見ると、それは造花(シルクフラワー)でした。

なんの目的で誰が、そこに植え込む?さして行ったのかわかりません。
けれど、その造花は、まるで生花のように咲いていた。

シルクフラワーと呼ばれる造花は、主はポリエステルでできています。

なので、屋外に飾ってもらっても、全然問題ありません。
よく、パチンコ屋さんの出入り口のところに造花のプランターが
飾ってあったりしますが、あのような形で、ずっと外に置かれていても
問題ありません。

何年も外に置きっぱなしの場合、日焼けもしますし、埃で
真っ黒になったりもしますが、そんな使い方をしない限り、
日焼けもそんなにすることもありませんし、埃もつけば、
そっと拭いたり、払う程度ですぐ落ちます。

勿論、生花のような水換えや枯れたお花の撤去などもなく
いつも綺麗な状態で楽しめます。

この点については、とても便利で経済的なお花です。

けれど、なぜコンビニの敷地内の植え込みに造花が
所々飾られていたのだろう・・・・・・。

今日は、雨に当たって濡れていた。





 ヴェールパレットストアのHPはこちら
 お問い合わせ フリーダイヤル
 0120-94-8385

 メール info@vertpalette.com




にほんブログ村 花ブログ シルクフラワーへ
   ↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています。
よかったらポチッ□_ρ゛(^‥^=)~ とお願いします。



  


Posted by 京都 花彩人(はなやかじん) at 19:01Comments(2)アーティフィシャルフラワー

2009年06月15日

シルクフラワーで夏を楽しもう♪


最近、長女は、第2・4土曜日に学校で生け花を習いに行っている。

写真も、長女が活けたもの。

生け花始めて2回目の作品。
先生からもとても上手に活けられました。と褒めてもらって
とても嬉しそう♪

けれど、この季節の生のお花はすぐだめになってしまう。
頑張っても、やはり3日でパラがしおれる。

この暑さではどうしも生のお花は持ちが悪い。

そこで、気軽に使って欲しいのがシルクフラワー(造花)です。

シルクフラワーにも最近色々なお花がでているので、
そんないろんな花材をそろえれば、生け花を楽しむように
お花を楽しむことができます。

生花のように開く過程の美しさを楽しむことは
できませんが、お手入れ不要で、気軽に楽しめる。

夏場のお花の持ちの悪い時は、ぜひシルクフラワーを
気軽に楽しんでもらいたいです♪





 ヴェールパレットストアのHPはこちら
 お問い合わせ フリーダイヤル
 0120-94-8385






にほんブログ村 花ブログ シルクフラワーへ
   ↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています。
よかったらポチッ□_ρ゛(^‥^=)~ とお願いします。


  


Posted by 京都 花彩人(はなやかじん) at 23:19Comments(0)アーティフィシャルフラワー

2009年02月26日

ホワイトデーにお花を贈りませんか。


(写真をクリックすると大きい写真が表示されます)

ホワイトデーに限らず、何かを「ありがとう」の気持ちを込めて
お花を贈りませんか。

こちらのお花は造花です。
造花のよいところは手間要らず。

お水やりも、枯れた殻取りも必要ありません。

年中無休でガンガンに直射日光に当てられると
日焼けもするかもしれませんが、普通に取り扱って
いただければ、日焼けもすることなく楽しめます。

誇りが付いてしまったら、やわらかいハケなどでそっと
取り除いて頂ければそれで大丈夫。

プレゼントとしても最適なお花です。

写真のお花はワイヤーのかごにコサージュを
入れています。

こちら、このままの状態で飾ってもらっても
素敵ですが、中のお花を取り出して、
コサージュとしてお使いいただけます。

コサージュとしてのお花は、



こちらです。

コサージュの説明は、こちら


コサージュを普段使わない人は、そのまま飾っていただいて、
コサージュ好きな方は、コサージュとしても使ってもらえる。

色々とアレンジを楽しめるお花のセットです。

ご購入は、コサージュ単品でもご購入可能です。
かご付き、ラッピング希望の場合は、コサージュ購入時に
備考欄に「かご・ラッピング必要」とお書き下さい。

かご付き、お花セットの場合、コサージュ単品代金+800円です。

「ありがとう」の気持ちを込めて、ちょっとシックに
お花を贈ってみませんか♪

こちらのお花のセットをご購入希望の場合、
こちらのコサージュのページよりのお手続き下さい。




 ヴェールパレットストアのHPはこちら
 お問い合わせ フリーダイヤル
 0120-94-8385







にほんブログ村 花ブログ シルクフラワーへ
   ↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています。
よかったらポチッ□_ρ゛(^‥^=)~ とお願いします。


  


Posted by 京都 花彩人(はなやかじん) at 18:31Comments(0)アーティフィシャルフラワー

2008年12月14日

シルクフラワー(造花)と生花、どちらが造花?

さて、問題です!

この文章をクリックして、表れるお花は、どちらが
シルクフラワー(造花)でどちらが生花でしょうか?


答えはこの文章をクリックすれば「シルクフラワー(造花)
のバラが表れます。


こちらの文章では、生花のお花が表れます。

昔は、シルクフラワーと聞くと、ちゃっちいのが「造花」と
イメージする人が多かったですが、最近のシルクフラワー(造花)は、
とても精巧にできています。

普段、シルクフラワー(造花)に触れない人はきっと、
パッとみただけでは、どちらが造花なのか生花なのか
判断に迷うこともあるかと思います。

ちなみにうちの娘は、毎日シルクフラワーを目にして
育ちましたから、お花=ずっと咲いている・枯れない・匂わない 
ものだと思っていました( ̄◇ ̄;)

物心ついたとき、道に咲いているお花を見て、

「なぜ、このお花は、いい匂いがするのかなぁ・・・・・」という
ぼそっとのつぶやきで、お花というものは、生きているんだよぉ(・」o・)」
と教えてやらなければならないことに気が付いたのでした・・・・・・。

毎日、仕事で見ている私でも、ショーウィンドーなどに飾ってある
お花に生花?造花?の確認のために、鼻を
クンクン( ̄●● ̄;)とするときがありますからねぇ(笑)

一度、じっくり、シルクフラワーを観察してみても、
面白いですよ(○゜ε^○)v


にほんブログ村 花ブログ シルクフラワーへ
   ↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています。
よかったらポチッ□_ρ゛(^‥^=)~ とお願いします。

  


Posted by 京都 花彩人(はなやかじん) at 10:44Comments(0)アーティフィシャルフラワー